ノビイズム 2006年02月

Utilities

すべての記事一覧 > 2006年02月の記事一覧

スポンサーサイト

--年--月--日(--)  カテゴリ:スポンサー広告

[全文を表示]

URI:blog-entry-.html

『斉藤家の核弾頭』(篠田節子 朝日新聞社)

2006年02月27日(月)  カテゴリ:

 すげーお馬鹿で悲愴なコメディ。小夜子たんカワイソス。名作でした。 いつもながらだけど、篠田節子は社会描写やストーリー展開が極端で大ざっぱなので、この辺好き嫌い別れそう。不自然な所に噛みついちゃう人にはお勧めできない。...[全文を表示]

URI:blog-entry-162.html
コメント:2

『弥勒』(篠田節子 講談社)

2006年02月26日(日)  カテゴリ:

 まるで土石流のような小説。 平穏な中山間地が一瞬にしてどわーっと押し流されるのだけど、僕たちはどこにもいけないし誰の助けも受けられないし、土石流の上で生活せざるを得ない。そして土石流の上が日常になるのだけど、二次災害は起きるし追加の土石流が時折流れてくるしで本当にやってられない。 だけれど、土石流のおかげで生きる事に全力尽くすようになって、個人的にはよかった部分もあったよね、トータルとしてはもち...[全文を表示]

URI:blog-entry-161.html
コメント:3

海自機密がWinnyで流出

2006年02月23日(木)  カテゴリ:雑感

毎日新聞より引用。海自機密データ:「極秘」暗号書類などネット上に流出 海上自衛隊の「極秘」と書かれた暗号関係の書類や、戦闘訓練の計画表とその評価書など、多数の機密データがネット上に流出していることが、22日分かった。流出した海自情報はフロッピーディスク約290枚分に相当する膨大なもの。約130の自衛艦船舶電話番号や顔写真付きの隊員名簿、非常時連絡網なども含まれており、防衛庁は事実関係について調査を...[全文を表示]

URI:blog-entry-160.html
コメント:6

そして

2006年02月15日(水)  カテゴリ:販売士

 販売士一級は、勉強していない割には書けた。が、全科目は受かってないと思われ。三回目突入の予感。非常に情けない。...[全文を表示]

URI:blog-entry-159.html
コメント:0

明日は

2006年02月14日(火)  カテゴリ:販売士

 販売士一級の試験。でも最近遊んでばかりで勉強不足なんで駄目っぽい。情けなさ過ぎ。 ついでに今日はバレンタインなんとからしいけど、そんなものはしったこっちゃないです。...[全文を表示]

URI:blog-entry-158.html
コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。