ノビイズム 2006年12月

Utilities

すべての記事一覧 > 2006年12月の記事一覧

スポンサーサイト

--年--月--日(--)  カテゴリ:スポンサー広告

[全文を表示]

URI:blog-entry-.html

先を見て

2006年12月13日(水)  カテゴリ:雑感

麻生派旗揚げへ、天下獲り着々…小泉チルドレンにも 総裁選前に三手先を読む小泉チルドレンがいたら、安倍支持→安倍当選→支持したが他にも支持者が多すぎて旨い飯は食えない→そのうち安倍人気凋落、は読めていたから、総裁選でこっそり麻生支持に回っているのが賢明と考えていてもおかしくない。と今頃思う。R30その中に「理論上の『本当の自分』を探さない」というルールがある。要するに、万物流転、情報混沌のシリコンバレーに...[全文を表示]

URI:blog-entry-185.html
コメント:4

天下りについて

2006年12月11日(月)  カテゴリ:雑感

 天下りバトンが文字通りの意味で、もしくは文字通り以外の意味でも波及しているようでなによりだけれどみなさんいかがお過ごしでしょうか。などという前口上はおいておくとして。まず、天下りの何が問題なのか確認してみよう。wikiによれば、 天下りの問題点天下りは、多くの点で問題を指摘されている。・人材の仲介・斡旋について、中央省庁の権限が暗黙に使用されている。その結果、必ずしも有能でない人物が要職につくことが...[全文を表示]

URI:blog-entry-184.html
コメント:5

定義が問題ではなく、代替案がおかしいから問題なのだが

2006年12月11日(月)  カテゴリ:雑感

「再チャレンジ支援税制」ニート・フリーターを除外政府は1日、再チャレンジ支援策の目玉としていた「国家公務員のフリーター枠採用」の導入を断念した。フリーターが俗称であり、制度上定義するのは困難と判断したためだ。代替として、職歴を問わず、29~40歳の年齢制限だけを定めた採用枠を08年度から設ける。転職希望のサラリーマンらも応募可能となることで、格差是正のためのフリーター救済という本来の趣旨からは大きく外れ...[全文を表示]

URI:blog-entry-183.html
コメント:0

近況

2006年12月11日(月)  カテゴリ:雑感

 今年九月、長年暮らした九州を出て、埼玉に来た。まだ仕事はしておらず、専業主夫と称してもっぱら家事をしている。たまに派遣屋の手引きで単発バイトしてるだけ。はやくまともな仕事を見つけないと、と気は焦るが、特にこれといった行動には結びついていない。オフィスワーク系なら何でもいいから早く働こうよ自分。誰か雇って下さい。 九州某市の政治倫理審査会委員を務めていたのだが、引っ越したので辞めざるを得なくなった...[全文を表示]

URI:blog-entry-182.html
コメント:0

なぜコロ

2006年12月08日(金)  カテゴリ:雑感

なぜコロA:お前は俺に殺されたいのか?Q:どうして殺すんだ?A:お前が嫌いだから...[全文を表示]

URI:blog-entry-181.html
コメント:3

天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない

2006年12月08日(金)  カテゴリ:雑感

「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン―Life is beautiful 趣旨に賛同します。という以前に、安倍政権は既に経済界の提灯持ちと化しているので、この案件の行く末と関係なく自民党には絶対投票しないのだが。 安倍政権は相次ぐ法人減税案や、労働法の改革問題、ホワイトカラーエグゼンプション、派遣法・労働組合法の改革など、経済界よりの政策を複数進めている。企業を優遇し、多数の労働者の労働...[全文を表示]

URI:blog-entry-180.html
コメント:16

中小企業診断士 二次試験結果

2006年12月08日(金)  カテゴリ:中小企業診断士試験

 落ちた。勉強が足りなかったし出来も悪かったし当然だと思う。(去年の方がまだ可能性はあった。)意外だったのは、受験仲間で最も優秀で努力家な人が落ちていて、自分と同じ位のレベルかなと思っていた人が受かっていたこと。*さんおめでとうございます。*さん来年も一緒に頑張りましょう。 ともあれ、白黒がはっきりついて、すがすがしい。結局この2年の勉強は資格に結びつかなかったのだけど、あまり後悔はない。どのみち経...[全文を表示]

URI:blog-entry-179.html
コメント:2

企業戦略と訴訟リスク

2006年12月04日(月)  カテゴリ:雑感

Wiiリモコンで初日に液晶パネル破損・・・orzWiiリモコンでソニー製液晶テレビを破壊するゲーム wiiは直感的で創造性溢れた挑戦的なゲーム機だと思うけれど、こういう事故が起きるのは事前に想定できたことだし、それで任天堂の対策はこれくらい?らしいのは、法務に強い任天堂らしくなくうかつなのか、それとも十分に検討した結果なのか? 任天堂だから訴訟リスクも検討した上で、ブランドイメージ低下を加えても発売利益の方が大...[全文を表示]

URI:blog-entry-178.html
コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。