わしが李登輝塾長である。

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 1つ新しい記事「見知らぬ女性からお付合いをお願いされた」 >>

わしが李登輝塾長である。

 なんというか、そういう世代の時代になったのだなと思った。
 以下、西日本新聞11月18日国際・アジア面18版より引用。

 わしが李登輝塾長である。

 【台北17日竜口英幸】「熱血・李登輝塾長が未来をにらむ」とばかり、台湾の李登輝前総統が羽織はかま姿で日本の人気漫画の主人公に扮装した。李氏が指導している李登輝学校の青年たちが「勇気、信念、熱血、剛毅というイメージが、われらの大将にぴったりだから」と李氏に宣伝写真撮影を懇請、公表された写真は夕刊の一面トップを飾った。
  李氏の政策集団「群策会」によると、李氏が扮装したのは台湾の若者たちにも任期がある日本漫画「魁!!男塾」の塾長「江田島平八」。突然の申し出に驚いた李氏は漫画に一通り目を通し、「台湾の未来の発展は二十代、三十代の若者にかかっている。若い世代のと交流や対話は重要だ」と、前代未聞の写真撮影に応じたという。
 写真は近くウェブサイトに登場するという。



 記事には、竹刀を持った二人の塾生(もちろん学ランだ)の中央に立ち腕組みをする李登輝塾長の写真もついている。すげえ。
 まあこんな写真を勧める回りの塾生も漢気がありすぎるんだが、乗ってしまう李登輝という人も凄いなと。なにやってんだか(笑い

 
 それはさておいて。この記事を読んで思ったのは、この記事を書いた記者はたぶん男塾を知っているし、この記事を紙面に採用した面担(記事を取捨選択し、紙面をレイアウトする人)も分かってネタとして取り上げ、見出しを付けているし、またそういうくだらない冗談を許容する空気が西日本新聞社には―少なくとも執筆した記者とこの面担氏周辺には―あるのだなと。
 まあ、男塾ネタはネット上に溢れているし、彼らはネタ化された男塾を知っているだけに過ぎないのかもしれないけど(彼らが男塾そのものを知っているかどうかはきわめてどうでもいいことなので追及しない)そういう世代が力を持ち始める時代になったんだなとふと思った。
スポンサーサイト

| 1つ新しい記事「見知らぬ女性からお付合いをお願いされた」 >>

コメント(-件)(1件)

名無しさん:ミントとエステでダイエット

清涼感のある爽やかな香りを持つミントには多くの品種がありますが、ハーブティとして飲まれるのはペパーミント、スペアミント、アップルミントの3種類です http://syandray.victoriaclippermagazine.com/

  • 2008年10月19日(日)21:33:55
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。