経営法務

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「経営情報システム」 | 1つ新しい記事「[愛知万博]リトアニア館」 >>

経営法務

  • 2005年04月09日(土)
  • カテゴリ:中小企業診断士試験
  • コメント:0

 経営法務。今話題の経営法務である。そう、株式を買収して子会社化とか第三者割り当て増資の有利発行をするには株主総会の特別決議が必要だとか委員会等設置会社では監査役はいないとか会社の新設分割に債権者保護手続は不要であるとかそういう内容である。何かとホットなトピックであるだけに、勉強しやすかった筈なのだが。

経営法務の勉強がひととおり終わったので、ミニテストと過去問の結果をここに記す。


ミニテスト 結果  
第一回 65点  
     
過去問 結果(正答数/問題数) 正答率
H13年度 24/29 82.8%
H14 27/38 71.1%
H15 29/39 74.4%
H16 18/32 56.3%

 ミニテストと過去問の感想―ミニテストは、会社設立の手順(発起設立と募集設立)のスケジュールだとか基礎的なことが聞かれていた気がするが、蓋を開けて見ればイマイチな出来だった。
 過去問は、13年度が簡単で30分かからずに終えられるほどだったせいか、14年度は急にボリュームアップし、15年度は試験中に時間足りないんじゃないかと危惧してスピード回答せざるを得ないほどボリューム感があった。その反動か16年度は問題数は減ったものの、かなり難しくなり受験生泣かせに変化。先生も「16年度の経営法務は特別に難しかったので、分からなくても気にしないで下さい」という風なことを言っていた。

 経営法務をひととおり勉強しての感想―診断士の経営法務は、概ね、事業の開始から清算までの法的手続と、取引に関する基礎的な法律知識と、資本市場についてと、知的財産権から成っている。どれも私にとってはそれなりに興味ある分野なのだが…細かい知識を覚えるのは苦手な質でどうも点数は取れそうにない。まあ、基礎部分の考え方は法学なんで、過去に法律専門で公務員受験していた私としては民法や契約なんかは考え方は身に付いている(と思っている)し、勉強しなくてもそこそこ取れるってのはあるんだけど…17年度も去年並の難易度であればヤバいかもしれない。うーん。

スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「経営情報システム」 | 1つ新しい記事「[愛知万博]リトアニア館」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。