最近日経読んでるとブログや検索エンジンの話題が多くて「おおっと!」と思う

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「ロジカルをエモーショナルに」 | 1つ新しい記事「青春」 >>

最近日経読んでるとブログや検索エンジンの話題が多くて「おおっと!」と思う

 おおっと!石の中にいる!

 とかそんなゲーマーなネタはおいといて、先週の日経でグーグルゾンのムービーの話や磯崎blogとか取り上げてあって、またネット言論のラディカルさを示した記事と例としての東芝クレーマーや中国暴動、他に坂村教授のネットのフロー情報集積に関する論説も面白かったけど、とりあえずグーグルについて。

 今の所日経的には"グーグルは(経営も時価総額も含めて)凄いね"って感じみたいだけど。あらゆるコンテンツは検索エンジンのコンテンツである、的な非難を新聞web版などがしたくなるのもわからんでもない。

 けれど、グーグルさんは零細コンテンツ供給者(例えば私)などに取ってみれば、それなりにアクセスを運んでくれる、ありがたい存在であり、持ちつ持たれつじゃないかと思うし、検索エンジン経由のコンテンツを検索エンジンの独自コンテンツだと誤認する人はいないので問題なしだと思う。既存の大手コンテンツ供給者はケチつけたいだろうけど、べつにいいじゃん、どんなルートで到達しようがあなた方サイトのインプレッション数増加に一役買ってるなら。減ってるって言いたいだろうけど。

 とか、以前から言われてたことだけど、リアル新聞で読んだのでなんとなくエントリにしてみたくなりてきとうに書きました。ということで寝ます。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「ロジカルをエモーショナルに」 | 1つ新しい記事「青春」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。