【ハリケーン】なぜ、特定の人種だけが略奪するのか【カトリーナ】

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「中小企業診断士一次試験合格発表」 | 1つ新しい記事「2005年衆院選―民主党に欠けていたもの」 >>

【ハリケーン】なぜ、特定の人種だけが略奪するのか【カトリーナ】

 こちらの記事。ニューオーリンズの治安悪化について、非常に微妙な、指摘しにくい事柄を扱っている。有り体に言うと、ニューオーリンズでは黒人のみが略奪などの犯罪行為を働いている、しかもそれは生存のための緊急避難的行為ではなく、金目の商品を手当たりしだい、という悪質な略奪だという指摘。そして、略奪などの犯罪行為は「貧困や抑圧」だけが原因ではないと続けた後に、以下のように書いている。

 つまり黒人は政府への依存が強すぎて、いざという事態には他者の財産をも入手してよいとみなすような独特の心理を抱きがちだ、と示唆しているのである。その示唆の背後には社会福祉を拡大してきたリベラル派の「大きな政府」への辛辣な批判がある。黒人の側からすれば、飛んでもない糾弾ということになろう。だが略奪者はみな黒人だという事実を否定することもできないのである。しかも過去の天災や暴動の際に大都市で起きた他の大規模略奪も、実行者はほぼすべて黒人だったというのも事実なのだ。

 だそうだ。言いづらい事を随分とはっきり言うものだ。 

 個人的見解としては、最も大きな原因はやはり「貧困や抑圧」そしてルサンチマンだと思う。(十分に金を持った人間は何人であろうとこんなハイリスク行為はしない。)
 しかし、アフリカ系アメリカ人や、さらにネイティブなアフリカ人が、欧米人や日本人と、倫理観や価値観の面で有意な差があり、他人種であればここまで被害が広がらなかったであろうことも、また確かだと考える。
 これは個人的偏見と罵られても仕方がないのだけど、私が去年一年アフリカの軍事情勢&石油・レアメタル事情をウォッチして感じたのは、北アフリカ以外のいわゆる黒人の倫理・価値観は我々のそれと大きく違う、ということだった。違いを大まかに挙げると、
 1.基本的に明るく愉快で楽しい、憎めない人達であり、
 2.家畜以外の物に対する所有権意識が乏しく、欲しいものは盗(と)るのが当たり前で、
 3.暴力に対して肯定的で、強い者が富を総取りする世界構造を当然のものと感じていて、
 4.2と3より、物を作り出すより人から奪う方が手間いらずだと考え、実行する傾向にあり、
 5.貸借感情(勘定)をあまりもたない、つまり、恩返しや貸しを作るという考え方が薄い。物はただで貰うのが普通だし、ただであげるのが普通、という感じ。そしてこれにより「援助は貰って当然だし、外国人は物をくれて当然」という意識が強くある。タバコを与えない外国人は殺されても文句は言えない。
 などだ。

 で、確かにアフリカの黒人にはこういう傾向があるな、と常々感じていたのだけど、じゃあアフリカ系アメリカ人もそうした価値倫理傾向を持つかどうかは、よく知らないし定かではない。

 さて今回取り上げている記事は、こうした価値倫理傾向を持つ、という流れで書かれていて、そこに一片の真実を感じたりもするのだが、、、残念なことに最後は社会保障を縮小せよというサプライサイド経済学的ありえない方向への誘導で締められていて、笑うしかなくなっている。せっかく幾らかまともな(真実を切り取った)言説かと思ったのに、結局は保守派の広報担当かよ!彼らの傾向でいくと社会保障の単純減を目指すべきと主張しそうだし、直接的な社会保障は減らすかわりに教育やコミュニティシステムの強化と労働環境の改善を、負担を増やしてでも実施してゆくって結論には、なりそうにないところが、ああ共和党のスピーカーだなあって思う。

 都市の治安をよくするためには、低所得者にも労働や社会生活を通じて所得と資産とを獲得させ、労働生活と秩序維持へのインセンティブを高め、現状維持への動機付けをするのが大事な筈なのに、保守派の結論はたいてい、低所得者層をさらに持たざる者にし、彼らのストレスやフラストレーションを高め、破壊衝動を募らせる方に向かう。まったく馬鹿げている。

 話は飛ぶが、日本の健康保険制度もちょっとあり得ないくらい効率が悪いようだ。水曜日の日経一面の記事だけど、未だにレセプトは8割以上が紙であり、一枚ごとに処理報酬が18円だかその位配賦されているらしく、それを電算化すればかなりの効率化になる…的な記事だったが詳しくは忘れた。

 やろうと思えば十分に効率化できるにも拘わらず効率の悪い処理を行っている、というのは、誰かさん達の利権がそこにくっついているから効率化できないのだ、という事も示唆していて興味深い。それに、効率が悪いって事は改善の余地があるということでもあるし、誰かさん達の利権さえ無視すれば、診療報酬点数制度の根本的な改革と費用対効果の大幅な上昇も可能なんだと感じる。効率が悪く利権が多いほど、日本の未来は明るい。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「中小企業診断士一次試験合格発表」 | 1つ新しい記事「2005年衆院選―民主党に欠けていたもの」 >>

コメント(-件)(3件)

うんこ:

 アフリカンな感覚って、ボビーたんとアドゴニーちんを見れば一発解決だと思うんですけど。

 うちの近所にもアフリカ系っていうかお前絶対祖先はアフリカ系だろ!ってツッコミたくなるような日本人がいらっさるんですけど、まあ、大体似たような挙動ですな。壮絶なまでに地黒だし。
 1~5の指摘は、かなりいいトコ突いてるんじゃないかと。そういうモノの見方が差別的って言われりゃミもフタもありませんが。

  • 2005年09月10日(土)10:29:41
  • URL
  • 編集
めむひ:

 ああ、ガキの頃、うちの近所にも地黒で体のパーツひとつひとつが大きくてつぶらな瞳をした人はいたなあ。いいひとやったけど何か怖かったんで自然に避けてたの覚えてます。今思えば悪いことをした。正直スマンかった。

 で、元記事の感情的方向性が「黒人は野蛮だから社会保障は減らしていい」という感じだったので、野蛮なのは同意だが減らしていいわけないだろうと思い反射的に書いてしまいました。減らした所で何一つ解決しないどころか悪化するだけだろうと。おまえらの国は社会構造そのものが腐ってるのに、なんで他人の価値倫理意識のせいにしてるんだと。黒人が社会的成功階段を上がっていこうと思ったら、スポーツ選手になるか軍に入るか位しか選択肢のない社会なのに、よくそれで黒人のせいにできるなと。まあ黒人よりプアホワイトの方が悲惨っぽいですけど。

  • 2005年09月10日(土)15:41:30
  • URL
  • 編集
うんこ:

 プア白たんとイエロー真祈り亭たんが悲惨でガタガタ文句垂れるのを未然に防ぐ意味で、社会的に成功する余地が若干残ってる黒たんを悪者に仕立ててるような気も。

  • 2005年09月10日(土)18:05:10
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。