企業戦略と訴訟リスク

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「最近観た映画(TV・DVD)」 | 1つ新しい記事「中小企業診断士 二次試験結果」 >>

企業戦略と訴訟リスク

Wiiリモコンで初日に液晶パネル破損・・・orz
Wiiリモコンでソニー製液晶テレビを破壊するゲーム

 wiiは直感的で創造性溢れた挑戦的なゲーム機だと思うけれど、こういう事故が起きるのは事前に想定できたことだし、それで任天堂の対策はこれくらい?らしいのは、法務に強い任天堂らしくなくうかつなのか、それとも十分に検討した結果なのか?
 任天堂だから訴訟リスクも検討した上で、ブランドイメージ低下を加えても発売利益の方が大きいと企画室なりが判断しての発売なのだという気がするけど、これがSCEだったら、一部幹部の独走とかありそうでオラわくわくするぞというか。

 任天堂は事前に警告しているんだから、(テレビに限らず)家財を壊すのは自己責任であって、「サバゲー中にBB弾が目に直撃して失明した」としても、エアガンメーカーに賠償責任は問いにくいのと似た様なものと考えてよいのかもね。
 訴訟で争点となりうるのは、ストラップの強度だけなんかな。

 どっちにしても任天堂は面白くてプラスになるなら、高いリスクもとって挑戦できる企業のようであり、とても素敵です。金満の同族企業はそこらのカンパニー制企業とは器が違いますね。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「最近観た映画(TV・DVD)」 | 1つ新しい記事「中小企業診断士 二次試験結果」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。