シークエンス・パラディウム2

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「神のエントリを見た」 | 1つ新しい記事「一日」 >>

シークエンス・パラディウム2

 本作は工画堂のシナリオ・シミュレーションゲーム。当ゲームの基本は同社のパワードールシリーズそのまんまで、相変わらずのシステムとインターフェースは一部で"伝統工芸品"とも評され、工画堂SLGを愛するニッチなユーザーに「(いつも同じだから)とっつきやすい」と好評を博している。またネット上で本作の攻略サイトを探しても殆ど見あたらない(同人サイトなら若干だがあった)という情報の少なさ故に、予備知識なしに楽しめるという長所も持つ。そんな本作のプレイを始めてみた。
 感想。雑魚掃討がダルい。でもPDシリーズの様に突如援軍が現れたりはしないから(今の所)、その点はいいかもしれない。PDと比較すると、SPは魔法概念がある分イロイロできる(はず)なんだけど、魔法はインビジとディテクトマジックとダブルかけて、戦う必要のない敵は無視、倒す必要がある敵は近接戦闘型で殴って掃討のパターンで大抵カタがつくし、なんかPDの方が戦術性は高い気がする。2chでは一週目は厳しすぎるとの評価だったが、俺的にはこの位の難易度でちょうどよいかもしれない。これより簡単だと緊張感無くしてやる気にならないかも。あと、ストーリー(というか世界設定)もPDの方が私は好きでした。SPといい指極星といい、うさぎさんちーむのファンタジー世界作品はストーリーがなんかイマイチなんだよなあ。てえか、単に俺の好みに合わないってだけだけれども。
 
 非常にどうでもいいことだけど、シナリオ・シミュレーションゲームとタクティカル・ロールプレイングゲームの違いが分かりません。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「神のエントリを見た」 | 1つ新しい記事「一日」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。