部屋が寒すぎて腹が立つ

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「それはどう起こるか」 | 1つ新しい記事「中小企業診断士試験―ガイダンス」 >>

部屋が寒すぎて腹が立つ

 寒い。朝起きて温度計見たら室温4度。外より寒くないか。安普請の木造建築かつ貧乏くさいガラス戸で仕切られた熱抜け放題の六畳間とはいえ寒すぎる。そろそろ我慢できないと思って灯油ファンヒーターを出したのだが、これがすぐ止まる。ピーピーピー。何度運転ボタンを押してもすぐ止まりあたたかな不完全燃焼臭を放つファンヒーター。臭い。たまんねえと思ってコンセント抜いたら黒い煙がもうもうと立ち上り悪臭が部屋を覆う。臭い。我慢できねえ。窓を全開に開けて臭いを居住可能なレベルまで低下させる。頭が少し痛い。イライラする。
 ファンヒーターを移動させて使うと、とりあえず運転が続くようになった。すぐ止まるのは床が傾いているのが原因だったようだ。ようやく使えるかと思い、窓を閉めたらまた止まった。再び運転ボタンを押してもすぐ止まる。点滅する換気ランプ。鳴り続ける警告音。募るイライラ。ピーピーピーピーピーピー。どうやら換気しながらでないと使えないらしい。すざけるな。腹が立ち頭に血が上ったせいか寒さを感じなくなってきた。
 ただいま2つある窓を両方とも全開に開けてファンヒーター使用中。今の所運転は続いている。現在の室温8度。なんかこれだったら寒いの我慢して窓を閉めたほうがましな気がしてきた。とりあえずファンヒーターは嫌いだ。来年こそは石油ストーブ買ってやる。以上。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「それはどう起こるか」 | 1つ新しい記事「中小企業診断士試験―ガイダンス」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。