チャーリィの忘年会

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「中小企業診断士試験―ガイダンス」 | 1つ新しい記事「大晦日―元旦」 >>

チャーリィの忘年会

きょおはぼおねんかいにいくのです
ねんまつだからちょとつきあえいわれまた
ばしょわきまてないけど はちじからよろしくて ゆうてる
そなんこと できません ごめんなさい
ひきこもりに のみにでてこい、なんて、むちゃだと、おもいます
むしょくなのに こくみんねんきんもはらってないのに
わたし以外はみんなはたらいてます。はたらいているひとはしあわせです。
バリバリ働いて、しょくばのみんなに認めてもらえて、じょがくせいともよろしくやっているのでしょう
無職男性というのは、とてもひさんなものなのです
昼間外に出ればふしんな目で見られ、近くで性犯罪が起こるとようぎしゃ扱いされてもおかしくない、いつ警察が職務質問に来るのだろうか等と常に怯えて暮らさなければならず、街を歩けば母親らしき女性は私を見て子供を庇います。
しかし、私は思うのです。このような社会はやはり変革する必要があると。無職とはいえ私は基本的には害のない人間だし、性的にも極々ノーマルで、子供に対して猥褻な行為に及ぶ卑劣な大人に対しては激しい怒りを感じます。私たちはもっと安心して暮らせる社会を構築せねばなりません。勤労者も無職者も等しく認められ、地域社会は互いに対する配慮を持ち合い、お互いの状況を理解しながら協力し助けあって、それぞれの立場の人がそれぞれの役割を果たす、そのような相互理解の進んだ協力社会を作る事が我々21世紀に生きる者達に課せられた使命なのだと。それがいまの社会にひつような倫理・文化であると。
勤労者ははたらいて収入で無職者をたすけてくれるとうれしいし、無職者はちいきのためにちあんいじやこどものきょういくやこうれいしゃのかいごに奉仕する。そしてみんなしあわせになる。
そうでないと私はいつまでもそとに出られない、ずっとふこう、これからもはずかしい、
だからぼうねんかいに呼ばないで そとにでるゆうきがないの
いきたくてもこのままではいけないの
おねがいだから みんなだけでおさけのんでやきとりたべて ぼくのことはわらってすごして、
はやくわすれてください おねがいします
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「中小企業診断士試験―ガイダンス」 | 1つ新しい記事「大晦日―元旦」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。