うちの猫がにゃあにゃあ五月蠅い件について

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「音楽と私」 | 1つ新しい記事「ジュンク堂でざっと読み」 >>

うちの猫がにゃあにゃあ五月蠅い件について

20050110030818.jpg
 さっきからにゃあにゅあ鳴きやんでくれない。

 なでてもブラッシングしても、だっこしても首をくすぐってもだめ。トイレに行きたい訳でもないようだし、腹が減ったんだろうと思い日本猫の猫缶(一缶あたり正味38円)を与えても食べようとしないし。そうですか安いえさはお口に合いませんか。モンプチなら脇目もふらずがつがつ食うくせに畜生。フリスキーお魚いっぱいのドライフードも最近は食わないしなあ。まあ歯槽膿漏と歯周病があって、前歯がぐらついてるからドライフードはもう与えない方がいいのかもしれないけど。

 また、ウチの猫は猫ヘルペスに感染していて鼻粘膜が荒れており、体調が悪くなると鼻水じゅるじゅるになるという持病の持ち主なのだけど、今まさしくその鼻じゅるじゅる状態なので可哀想っつーか病院に連れて行くべきであると家族会議において満場一致で決まっているのだが、明日まで病院休みなんだよね。辛いだろうが我慢して下さい。
 そういえば、歴史的に猫の世話係は引き籠もりの私だったわけだけど、私は明日は学校行くし一体誰が病院連れて行くんだろうか。まあ父上母上が連れて行くんだろう。よろしくお願いします。

 とか書いていたら鳴き声がさらに激しくなったので書くのを中断して、猫にホームセンターで最安値の日本猫缶を与えてなでていたら、猫はしぶしぶながらえさを食べてくれた。あーよかった。これで少しは静かになってくれるだろう。
 そもそもうちの猫は、周りに人がいて安心しないと飯を食わないという特殊な猫なので、えさを与えて食い始めても、あー食ってるなと確認して私はその場を離れると、食うのをやめて私についてきたりするとても愛らしい性質をもっている。んで私の前で「お前は俺の見張り番だろうが、飯喰ってる時はちゃんと警護しろボケナスが」と激しく主張なさるので、私は仕方なく猫が安心して食い終わるまで猫をなでながら隣で待機する義務を負う。で、食った後は、「あーくったくった、一発うんこでもしてくっか」と外出なさるのがいつもの行動パターンなのだが、今は鼻水が酷いので外出は禁止であるとの家族内通達が出ており外出させる訳にはいかず、畏れながら家の猫トイレでご用はお願い致しますると猫様に申し上げるのであるが、猫様は我慢が成らんと激しく外出を主張されることがあるのでなだめるのが大変である。つうかうるさい。しかも、鳴いてるのに相手せずずっと無視してると、私の目の前に来てゲロゲロ吐くという特技も持つので油断がならない。お願いだから取り込んだ洗濯物の上で吐くのだけは止めて下さい。

 とか書いてたらいつの間にか静かになって、私の布団の上で寝息を立て始められた。えーと私が寝れないんですがどいてくれませんか。…えーと。まあしょうがないか。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「音楽と私」 | 1つ新しい記事「ジュンク堂でざっと読み」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。