10代しゃべり場の熱い論争と、30代しゃべり場の現実的で疲労感の滲む会話が交わり接合し織りなす錯乱したタペストリーについて

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「企業経営理論2」 | 1つ新しい記事「糞ブロガーhankakueisuuを糾弾する」 >>

10代しゃべり場の熱い論争と、30代しゃべり場の現実的で疲労感の滲む会話が交わり接合し織りなす錯乱したタペストリーについて

 えーと、教育テレビだっけ、しゃべり場とかいう10代にマジ討論させてみましょう的番組。私はアレを一度もまともに見たことはないんだけど、以前は姉がよく見ていたので、私もちらっとなら見ることがあった。
 で、感想は、あー俺も十代の頃はこの位馬鹿だったっけ、いやこれ以上に馬鹿だった気がするな、なんにせよ十代(後半)は活きが良くていいですね、位の感想しかない。というより、見続けるのは痛すぎて耐えられないので早々にテレビのある居間を退散することになる。
 
 だけど、30代しゃべり場という番組があったら喜々として見るんだけどな。30代だと同年齢でも資産/所得間・職業/ステータス/社会階層間・都市/地方間・家族構成間・教育/思想間の各格差や利害の対立、ポジションの違いが大きいけれど、それなりに差異をみな意識的/無意識的に認識しつつ差異を許容或いは拒絶したり、或いは無視/無思考/麻痺/合理化に沈んだりしている。
 そして、ビッグトゥモローや船井総研的前向き人間もいれば文学的理想論的ユートピア希求人間もいるし、伝統的男女間支持者もジェンダーフリーなポリティカリー・コレクトネス信者もいるだろうし、100億稼ぐなんちゃら氏や将来の次官候補エーリトも居れば、警備員や物流センター作業員やコンビニバイトとしてすら雇って貰えない大学中退者や人生諦め引き籠もっているニートや病気や障害のある人もいるし、フィジカルに燃え体の隅々まで神経を張り巡らせたアウトドア大好き人間もいれば、ひたすらインドアで読書とネット大好きでどんな小さな差異でも認識し定義づけ概念や言葉を増やし続けるメンタル人間もいつつ、何に対しても価値ニュートラルというか何にも興味のない人もいる。エコ環境主義者で菜食主義者もいれば、ジャンクフードが主食で硫酸ピッチの不法投棄が仕事の環境破壊が趣味みたいな人もいて、猥褻で懲戒免職になる教師もいれば、猥褻で資産を作るコンテンツ制作者もおり、馬券やパチンコに熱中(逃避)して財産を無くしたり一生払い続ける借金を背負う人もいれば、マルチ商法は立派なビジネスです今ではネットワークビジネスと言いますと言う人もいるし、仕手戦に熱中して牢屋に入った人もいるし、IPOとM&Aに熱中して買収しては公開したり切り売りして上場廃止したりして巨万の富を築いた人もいるし、単なるコールバック装置を画期的なIP携帯だと偽って販売しつつ逮捕もされずにいまだどこかの社長やってる人…は30代じゃないか。多分。
  …とはいえまあ、30代の思惟に一番大きな影響を与える要素は資産/所得状況と、結婚しているかどうか、子供が居るかどうか、だとは思うけれど。後は健康状態か。
 
 とまあそういう30代な彼らが、初めは当たり障りのない会話や建前論から入りつつも、話に興が乗るに従い徐々に本音を晒して時に盛り上がり、時に同情し、時にバッシングされる様を、ビールでも飲みながらぼんやり見るのは、愉快であり切なくもありムカつきもして楽しいのではと思うのであった。
 
 で、その30代しゃべり場を録画して10代しゃべり場で見せて、批判させて楽しもうっていうのは、なんていうか自虐も程があるというか血管ちぎれそうな企画な気がするんだけど、なんつーかこういう意味での世代間ギャップというか生きてきた時間の差というのはやっぱどうにもならんですね。はい。私も10代の頃は相当な馬鹿だったし。今でもかなり馬鹿だけどさ。
 
 まあそんなこんなを考えつつ、今日は友人と飲むことになったので、もうすぐ30の身の上としましては、30で無職で大した職歴もなく国民年金も払っておりませんので肩身は強烈に狭いですけれど、適当に自己を主張しつつ友人の子供の話でも聞いてこようと思いました。以上。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「企業経営理論2」 | 1つ新しい記事「糞ブロガーhankakueisuuを糾弾する」 >>

コメント(-件)(3件)

はやし:あ、そうだったのか!

閣下がよく(でもないかな)使ってる「シャベリバ」って、この番組のことだったんだ。おれ、テレビを見る習慣がないから、てっきりかつての若者言葉「チョベリバ」の閣下流転訛として解釈してたんだけど、なるほどねえ。いや、勉強になりました。

「30代しゃべり場を録画して10代しゃべり場で見せて、批判させて楽しもう」って、それ、おれすげえ見たい。でも、案外物分りのいいことを10代の人たちが発言して、「なんでー、つまんねーの」ってなることも、ないではないかな、と思ったりして。

それにしても、「ひたすらインドアで読書とネット大好きでどんな小さな差異でも認識し定義づけ概念や言葉を増やし続けるメンタル人間」って、うおー、耳いてー。って、別に痛がる必要もないんだけど。

そんな訳で、お友だちとの交歓をお楽しみください。って、もう帰ってきてるか。

  • 2005年01月22日(土)23:47:55
  • URL
  • 編集
瀬田草:30代しゃべり場・・・見たいです。

壮絶な舌戦が繰り広げられそうですよね。
でも、いわゆる成功者が社会的地位を押し付けて自分の意見を全面肯定化しそうな気もします。

企業とかで成功している人って口達者で相手を打ち負かすことに慣れてたりしそうですしね。偏見ですけど。

しかし、実際30代しゃべり場TVでやってもテレビ壊れたままで放置状態なので見れませんね、僕は。

ちなみに僕もロクに国民年金払ってません。一攫千金狙ってケイマン諸島あたりのファンドに預けて自己年金にしてしまおうと、壮大な妄想を頼りに生きてます。

  • 2005年01月23日(日)13:11:17
  • URL
  • 編集
めむひ:

 昨日は午前1時位に帰宅して、胃薬飲んで速攻寝て、起きたら17時でした。めむひです。
いくらなんでも寝過ぎ。16時間睡眠ってどーいうこと。でもこれで丸二日は起きていられるか。(無理)

> 案外物分りのいいことを10代の人たちが発言して、「なんでー、つまんねーの」ってなることも、ないではないかな、と思ったりして。
 それはつまらないです。でもありそうで、やですねー。人に合わせるのが上手い人は上手いからなあ。

> 壮絶な舌戦が繰り広げられそうですよね。
> でも、いわゆる成功者が社会的地位を押し付けて自分の意見を全面肯定化しそうな気もします。
 うわ。かなりイヤです。相当イヤです。でもトップランナーとかいう番組作って、プチ成功者な方々を脳天気に肯定敷衍するNHKさん始め世の中の風潮だから、そうなりそうで激しく詰まらないなあ。

 同じ属性の人ばかり集めたらシャンシャン総会みたいになって議論にならず面白くないかとおもったんですが、いわゆる成功者が入ってくると成功者肯定で終っちゃうんでしょうね。つまんねーです。
だったら、同じ属性の人ばかり集めて、同じ属性の中での差異や立場の違いを暴露していった方が面白いのかもしれない。うーん。

 国民年金は頭は痛いけどある意味愉快な問題ですね。これは70代しゃべり場で議論した後、それを50代しゃべり場で熱く議論して、30代で諦観漂わせつつ、最後に10代しゃべり場で批判させればと思いました。世代間損益が露骨に違うから楽しい議論になりそうです。社保庁解体とか財投どーするよ国債どーするよとか、いい具合に火種は尽きないし。

  • 2005年01月23日(日)18:37:40
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。