スーダンPKO、自衛隊参加の方向で検討

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「一太郎と花子、製造中止!?」 | 1つ新しい記事「日本ではヌルポコーヒーが人気」 >>

スーダンPKO、自衛隊参加の方向で検討

 msn毎日新聞から記事がこれこれ。偏見に満ちた背景説明をすると、石油資源の豊富なアフリカのスーダンは中国が押さえていたのだが、近年はアメリカの石油戦略と中国封じ込めの観点からスーダンを横取りしようと欧米がメディアや国際世論やアムネスティやらを使って「人道」の見地からスーダン政府・中国バッシングしていた。いわゆるダルフール問題ですな。で、そこに自衛隊がPKOとしてのこのこ出て行くということで。つまり、今後自衛隊はPKO名目でアメリカの駒として使われますって事だね。海外では自衛隊は中国と対峙しますってな感じでもある。

 日本の通常戦力はMD導入により大幅削減されるが、有事法制やPKO名目での自衛隊の活動領域は広がり戦争の危険性は増大していく。戦争リスクは高まっていくが軍事力は弱くなっていくという、アホかと思う展開なんだが、まあいいや。知らね。
 まあ、極東地域での軍事活動は当面なさそうだしな。

東京kitty氏曰く、

現在の「憲法改正」の動きにしても、
一見「アメリカの作った憲法ではなく自前の憲法を」
という国粋的な動きから行われているように見えるが、
実際のところは
どれだけアメリカへの軍事的貢献度を更に
高められるかという視点から、
「集団的自衛権」行使のための出口を
探しているにすぎない(@wぷ
http://ch.kitaguni.tv/u/310/0000178382.html


 あー上手くまとめられたな。

 日本にとって最悪の事態は米国と戦争になる事だが、これは意外と実現可能性の高い未来なんで、それを回避するためなら多少のコストは厭わず払っていくべきではあるが…もうちょっと安くあがらないもんですかねと。現状は労務や上納金を提供しすぎじゃないですかと。その辺政治家には頑張ってほしいですねと。
スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「一太郎と花子、製造中止!?」 | 1つ新しい記事「日本ではヌルポコーヒーが人気」 >>

コメント(-件)(1件)

めむひ:

「あなたには自由にモノを言う権利がある---それを実際に試すほどマヌケでない限り」
"You have the right to free Speech, as long as you're not Dumb enough to actually try it"

---ザ・クラッシュ 「Know Your Rights」 (Album: Combat Rock )

ネタ元:http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2005/02/31.html

感動した。でも私は実際に試すマヌケであろう。やっぱ言いたいことは言わないと精神衛生上よくない。それで反論されてもっとまともな知見が得られればそれに越したことはないし。

  • 2005年02月01日(火)20:56:07
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。