経営情報システム

スポンサーサイト

  • --年--月--日(--)
  • カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 1つ古い記事「財務・会計」 | 1つ新しい記事「経営法務」 >>

経営情報システム

  • 2005年04月09日(土)
  • カテゴリ:中小企業診断士試験
  • コメント:0

 経営情報システムの勉強がひととおり終わった(実はしばらく前に終わっていたのだが)ので、ミニテストと過去問の結果をここに記す。


ミニテスト 結果  
第一回 79点  
     
過去問 結果(正答数/問題数) 正答率
H13年度 17/24 70.8%
H14 22/27 81.4%
H15 19/29 65.5%
H16 16/25 64%

 ミニテストと過去問の感想―ミニテストは、うーんやったのだいぶ前だから忘れた。どんな内容だったっけ。
 過去問は、経営情報システムという科目名ながら、問題はPC周辺の日常的で些細な事柄を取り扱ったものがよく出ていて、「外部記憶装置を増設したいが、その際に親和性の高い規格は何か 1.TCP/IP 2.SCSI 3.JIS 4.SOD 5.セントロニクス」みたいな問題が出るので(答えは2)、長年引き籠もって本とPCを相手に生きてきた人間としては簡単だった。というか過去問の解説が「難易度が高いが、果たしてこのような知識が診断士業務に必要なのか」と疑義を表していたのは笑ったけれど。

 あと、データ分析でχ二乗検定とか重回帰とか統計学の知識がそこそこ出るので、初歩の統計学も勉強した方がよいのかもしれない。折を見て統計学のページなど見て勉強しようかな、と思いました。
  話が逸れるが、エレガントな調査法には、こんなやり方もあるのか、と感動した。

エレガントな調査方法

 経営情報システムをひととおり勉強しての感想―業務の合理化や経営判断を行う上での「情報システムの運用≒(PCやインターネットの活用)」をどう行っていくか、に主眼を置いた科目であり、主にデータベース運用やデータの解析が中心にくる。そのための基礎知識や付随的要素として、PCやネットやLANやセキュリティや、システム開発やデータベースの知識や統計学的知識が必要かな、という感じの科目。個人的にはこの科目は今後情報セキュリティや統計学の方面に深度を深めるのではという気がする。ISMSとか勉強しなきゃ。そんな感じです。以上。

スポンサーサイト

<< 1つ古い記事「財務・会計」 | 1つ新しい記事「経営法務」 >>

コメント(-件)(0件)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。